はじめてのドミノ倒し

ドミノ倒しは、簡単に出来ます。

みなさんが協力して取り組み、完成させたことに意義があり感動があります。
また、ドミノの準備・企画から倒し本番までの過程も、ドミノの面白さだと思います。

ドミノ倒しの効能
・感動
・達成感
・緊張感
・想像力
・創造力
・集中力
・協調性
・交渉力
などが自然に身に付きます。

また、共通の目的を持つ事により、初めて出会った人と話しやすい環境が生まれます。

実践例
・小中高大学の学園祭や課外授業
・青年会議所のメンバー交流会や子供育成事業
・ボランティア団体の交流会
・地域住民の交流会
・高齢者と子供たちの交流会
・企業研修
・自治体イベント

 

●1日(並べる時間3〜8時間)で出来るドミノ倒し 

必要な物
・会場 体育館・公民館・会議室等
    (ドミノ牌が安定して並べられる場所) 

・ドミノ牌 
 幼稚園 1人あたり 100個
 小学生 1人あたり 300〜500個
 中高学大生 1人あたり 500〜1000個
 大人 1人あたり 500〜1000個

グループ分け
・会場に2m×2mサイズの枠を作成して、その中をグループ単位で並べます。
・2m×2mサイズ→5人程度
・3m×3mサイズ→10人程度

・会場の風景(サンプル画像)
 ここをクリック→  ■1 ■2

並べるデザイン
・子どもたちは意外と色々なもの勝手に作りますので、それをスタートからゴールまで繋げれば、十分楽しめるドミノ倒しになります。

・デザイン例(サンプル画像)
■1 ■2 ■3 ■4 ■5 ■6 ■7 ■8 ■9 ■10
■11 ■12 ■13 ■14 ■15 ■16 ■17 ■18 ■19 ■20
■21 ■22 ■23 ■24 ■25 ■26 ■27 ■28 ■29 ■30

本線の並べ方 <ここ>をクリック
・本線は、1mで約50個のドミノ牌が必要。

絵の並べ方 <ここ>をクリック
・1m×1mサイズの絵で約2500個のドミノ牌が必要。

●テーピング及び逆テーピングについて

立体的な機械仕掛けの「仕掛けのみ」テーピングをします。

協会のHPで紹介されているデザインには、一切、テーピングは使用しません。
また、「本線」も一切、テーピングは使用しません。
逆に使用すると倒れなくなります。

通常されているドミノで、テーピングは使用しません。
使用するのは、テレビなどで使用されいる大がかりな立体仕掛けです。

テーピングはあまり考えないほうが良いと思われます。

なお、タイプAにつきましては、返却時に、両面テープ等の剥がし残し、ドミノ牌に着色などがあった場合は協会規定の清掃料金を頂く事になってしまいますのでご注意ください。

●ドミノ牌の貸し出しについては <ここ>をクリック

●ご質問・ご相談や指導員派遣のご依頼は <ここ>をクリック

文章・画像を転載する場合は、協会の承諾が必要です。